四季に彩られた街「札幌」

こんにちは、北の雲です。 ブログを開設したはいいけれど何を書こうかと数日悶々としてたところに最高のネタが。

僕がそれでも札幌に住み続ける、その魅力を8つにまとめて語ります!住と食のクオリティが高すぎるし、そんなに寒くない!

というエントリが人気になってたので、現在札幌に住んでいる自分も乗っかってみます

 

関東から引っ越して来て数年経ちますが、本当に札幌は住みやすくて愛着の湧く街だと思います。冬の厳しさはあるけれど、それを補う多くの魅力がここ札幌にはあります。

 

四季

四季がはっきりしていて、街が常に何らかの色に彩られています。

f:id:kitanokumo:20130524163858j:plain

春は街中に花が咲いています

f:id:kitanokumo:20130524163349j:plain

住宅街のすぐ近くにある円山原始林

f:id:kitanokumo:20120528152948j:plain

最高のジョギング・サイクリングコースの豊平川 狐やリスもたまにいます

f:id:kitanokumo:20130919140537j:plain

羊さん 北海道大学歩いてると普通にいます

f:id:kitanokumo:20131030153815j:plain

短い秋

f:id:kitanokumo:20131105145801j:plain

雪と氷に覆われる冬(これは小樽)

f:id:kitanokumo:20120127162451j:plain

これは山奥でしょうか?いいえ札幌の中心部にある公園です

f:id:kitanokumo:20131231071916j:plain

北海道神宮 一度熊が出て大騒ぎになりましたf:id:kitanokumo:20120201163014j:plain

6~9月の快適さ

じめじめ蒸し蒸しの梅雨に、殺人的暑さの真夏。

家に帰ればクーラーをガンガンに効かせてグッタリというのが日本の当たり前の夏なんでしょうけども札幌にはそんなものはありません。

風通しのいい部屋ならばクーラーどころか扇風機も滅多に使わないぐらい快適に過ごせます。もちろん梅雨なんてありません。

 

白い雪に覆われる冬

f:id:kitanokumo:20131231065139j:plain

f:id:kitanokumo:20131231071522j:plain

確かに長い冬は人によっては堪えるかもしれません。自転車なんて使えませんしジョギングもできません。車無いと辛いです。車あっても雪道運転大変です。

でも、一面雪に覆われた真っ白な街は、自分の心のイライラを全て綺麗サッパリと洗い流してくれる、そんな効果があるように思います。

仕事でイライラした時、上手くいかない時はヘッドホンを頭にかけて好きな音楽聴きながら1時間ぐらい散歩してます。

自分は雪が全く積もらないところの出身なので、ただ雪が積もっているという光景に歩けば歩いただけの新しい発見・感動があって飽きません。

信じがたいほど大きなツララが30本ぐらい垂れ下がってたり(頭に当たったら確実に流血沙汰)、サッカーコートぐらいの面積の池が綺麗さっぱり凍り付いていたり、除雪の雪が積もりに積もって5mぐらいの山になってたり、そりで子供を引くお母さん、etc。

いつだって子供のようなワクワク感を味合わうことができる札幌の冬が大好きです。

マンションに住めば雪かきの必要は全くありませんし、雪で外出が困難になるようなことはまずありません。

年に何回か本当に死ぬんじゃないかというぐらいの吹雪に出くわしますが市街地に住んでいればまあ大丈夫です。たった3分外に出ただけで全身真っ白になるぐらいで済みます。

吹雪を遮るものが無い地域では命を落とす方も稀にいらっしゃいます。去年の3月は北海道全体で8名無くなるという大変痛ましい大吹雪が。

 

あの虫がいない

あの虫がいないんです!そうあの虫。文字にするのもためらわれるあの虫がマンションには全くでません。道にもいません。飲食店にはいるらしいけど。

東京の夏の夜のベランダなんてあの虫のせいでとても怖くて出られたもんじゃないですが札幌では全く心配いりません。リクライニングチェアを置いて1時間ぐらいぼーっとしたり。涼しいし最高です。あの虫がいないっていうのは本当にポイント高いです。引っ越した動機の4割ぐらいは占めるかも。

 

あの虫が居ないその代わりに熊(ヒグマ)がいます。私の住んでいる近くの公園に一度ヒグマが出てNHKのトップニュースになっちゃいました。まあ普通に暮らしてるぶんには遭遇することはまず無いです。

光熱費

マンションのそれなりに上の方で、尚かつ東西とかに窓が有る場合はかなり風通しがいいのでクーラーも扇風機もいりません。関東時代は1Kなのに電気代が1万5千を超えてましたがこちらに来てから部屋の広さは2.5倍になったけど電気代4000円ぐらいです。ちなみにクーラーそのものがマンションについていません。

その代わりに冬の暖房費がかかっちゃうわけですが、気密性の高いマンションで二重窓をしっかりしめて、それなりにインナーを着込む、ヒートテックタイツにルームシューズという装備ならそこまで室内は寒くありません。外気温が-4度でも室内は7度ぐらいです。

家賃

安いです。部屋の広さは2.5倍になって、家賃はほぼ据え置きでした。札幌の中央区でこれなのでもっと郊外にでれば更に安くなると思います。

ご飯

よく東京の食環境は悪くて地方は良いという考えの人いますけど、東京も北海道もあと福岡や名古屋・大阪も知っている身としては、東京が最も食環境に恵まれてると思います。ちゃんとお金を出せば最高の食材をいくらでも口にする事ができるのが東京ではないでしょうか。

北海道だと相当漁港に近いとかなら話は別ですが、普通に札幌都市圏に住んでたらそこまで何か劇的に凄い要素があると思えないのが正直な実感です。札幌でしか食べられないものって0に近いんじゃないでしょうか。

札幌はスープカレーが強過ぎて普通のカレー屋があんまり無いのが個人的に辛い。看板に「カレー」としか書いてないから当然普通のカレー屋だと思ったらスープだったり。カレー好きには辛い街。

 人

穏やかな人が多い印象です。東京時代は新宿近辺が生活ゾーンでしたが、やっぱり危ない人がいるんですね。札幌はすすきのなんかの歓楽街でもわりと平和です。ちょっと悪そうな風貌の兄ちゃんも風貌だけと言う感じで東京にいる本当にヤバそうな人達とは何か違う。 

ジョギング・サイクリング

札幌駅・大通駅のすぐ近くに「豊平川」という最高の場所があります。広い道幅で一部自転車専用道路も設けられています。上の写真にも映ってますね。鮭が川上りする脇をせっせと走る事ができます。運が良ければ狐やリスにも出くわします。そのまま豊平川を抜けると真駒内公園というところがあって、ここは一周3kmの整備されたジョギングコースがあります。ここは自分が最も好きな公園です。一面に広がる芝生に白樺が生えていて、何だか幻想的な雰囲気です。写真で紹介できないのが残念。

都市環境

大抵のものは揃います。ここからは雑多な情報をダラダラと。

図書館は中央図書館という一番大きな施設がかなり不便な場所にあります。そのぶん、全ての図書館の本を他の図書館でも借りる事が可能です。予約した本を大通駅(札幌駅と並んで交通の要所)のカウンターで受け取る事ができるので便利です。東京よりも技術書が予約で全然借りられないということが全く無いので助かってます。

本屋は大規模なものが要所にあります。池袋ジュンク堂レベルはさすがに無いですが、昔あった新宿ジュンクの3/5ぐらいの規模のものがあります。問題無く使えるレベルです。

ヨドバシビックヤマダは札幌駅周辺に揃ってます。PCパーツ屋もツクモドスパラがあります。

デパートは新興の札幌駅直結の大丸が一人勝ちの様相を呈しています。他に三越丸井今井(あの丸井とは全く無関係)など。

歓楽街はなんといってもすすきのが全ての欲望をカバーしてる感じです。あんまり行った事無い。

人がごった返してイライラするほどの大混雑って場所があんまり無いですね。デパ地下ぐらいでしょうか。北海道のメリットである土地面積を活かして広くてゆったり目に作られた施設。道幅も広いです。本当に素晴らしい都市です。

経済・仕事

北海道全体が厳しいという声もありますし、札幌に関しては問題無く仕事があるという声も。個人事業主なのでこれはちょっと自分にはわからない要素です。

web界隈人のコミュニティなんかもあるっぽいですが全く関知してないのでわかりません。この辺りは札幌に限らず東京とは格段の差があるところですね。人との交流を求めるならやはり東京一択になるのでしょうか。

 

まとめ

都市部は生活するに何の不足も無い整った街でありながら、少し外に足を伸ばせば豊かな自然が広がる札幌。

札幌市を出れば日本とは思えないほどの雄大でスケールのでかい大自然が北海道には至る所にあります。

I Love札幌!