読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(仮)はてブGlassの使い方とかTips等

この記事はちゃんとまとまったらサイトにも転載します

逐次更新します

 

minimumビューでもフィルタボタンを表示したい

f:id:kitanokumo:20140126190038p:plain

 

4つあるビューの中で最も大量のエントリを閲覧できます。

ただこれだとフィルタボタンも消えてるのでもしフィルタしたいサイトがあってもできません。

その場合は各エントリ要素の空白部分(タイトルの右側など)をダブルクリックしてみだくさい。

f:id:kitanokumo:20140126185933p:plain

フィルタボタン、概要、ドメイン、タグなど全ての情報がオープンされます。

これはminimumビューだけでなく他のビューでも有効です。

 

自分がフィルタしたサイトの一覧を見たい

ユーザーページから確認することができます。

ユーザーページは(ログインした状態で)左サイドメニューの一番に表示されている緑色の「お試しユーザー中です」からアクセスできます。

f:id:kitanokumo:20140126190542p:plain

 

ユーザー管理画面では現在のところ

・フィルタしたドメインのリスト

・フィルタのインポート・エクスポート

・退会(全てのデータが削除されます)

が可能です。

 

フィルタリストとは

ユーザー管理画面からエクスポートできるフィルタリストはJSON形式で出力されます。中身はドメイン名がただ並んだだけのもので、フィルタしたユーザーの情報は一切含まれていません。

これは自分用のバックアップリストとしても使えますし、他のユーザーに「〜〜なサイトのフィルタリスト一覧」という感じで公開するような使い方もできます。

とあるジャンルのサイト群だけフィルタ(例えば2chまとめサイトだけとか)してフィルタリストをエクスポートすれば、他のユーザーがそのフィルタに乗っかる事が可能です。

ただしフィルタリストを公開する機能自体は はてブGlassにはありませんので、エクスポートしたJSONファイルをユーザー様がどこかに公開してもらう必要があります。

 

ユーザー認証

クッキーベースの単純なユーザー認証しかしていません。ユーザー名もパスワードも必要ありません。

現在はあくまでモック的なサービスなので、とりあえずお試しで手軽に使ってもらえるようにこのような仕様にしています。

ブラウザのクッキーを削除するとユーザーのフィルタリストはもう永遠に復元することはできません。なので本格的に運用する場合はフィルタリストのバックアップをお願いします。

今後はてな認証APIを使ってはてなIDでログイン出来るようにする予定です。この認証方法では、はてブGlass側ではユーザー様のパスワード等の情報を一切取得いたしません。OpenIDのような仕組みです。詳しくははてな認証APIにて。

 

過去の時刻の人気エントリ (1.26 21:30に追加した機能)

過去の時刻に遡って(さかのぼって)当時の人気エントリを閲覧する事ができます。30分置きです。全てのジャンルの人気エントリ、各ジャンルの人気エントリとも閲覧可能です。

f:id:kitanokumo:20140126214242p:plain

f:id:kitanokumo:20140126214246p:plain

 

 

以下追記します)