読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

所得が低いフリーランスほど青色申告した方がいい

わたしの白色確定申告(フリーランス8年目) | デザイナーのイラストノート

こういう記事が人気になってました。ちょっと気になったのは以下のところ。

白色申告と青色申告どう違うの?
ざっくり言うと、すごく簡単だけど控除が少ない白色 VS ちょっと面倒だけど控除が多い青色です。専用ソフトなどを使えば比較的簡単にできることもあって青色を選択される方も多いですが、わたしは税理士の方に「あなたの収入だったら白色でも十分!」と言われてそうしてます(単純)。控除額が多いといってもそれを実感するにはそれなりの収入が必要。

あまり所得が無いから青色控除のメリットを実感できないというのはむしろ逆だと思います。所得が低いほど下がる税額のインパクトは大きいです。

住民税で考えるとわかりやすいんですがあれは所得に関わらず10%ですよね。
青色で65万課税所得を下げると、どんな所得の人でも税額が65000円下がります。
所得が1000万の人にとって6万ちょいは誤差みたいなもんでしょうが、所得が低い人ほどありがたく実感できるのではないでしょうか。

私は食べるものにも困っていたぐらい低所得だったフリー2年目に青色控除65に変えて大幅に税額が下がって助かりました。もし白のままだったら一度実家に戻って再起をはからざるをえなかったかも。

青色控除(65万)前の所得180万の人が青と白でそれぞれ申告した場合の大雑把な税額を計算してみます

所得税 住民税 合計
180白 90,000 180,000 27万円
180青 57,500 115,000 17万円(差額10万)

加えて健康保険料でも差がでます

所得が低ければ低いほど所得に対する青色65万控除で下がる税額の割合は大きくなります。
極端な話、所得80万ぐらいだと税金がほとんど無くなっちゃうレベルに。
確かに青はめんどうですけど頑張って青で行くメリットは大きいと思います。